親善試合 「フランス対ドイツ」 

まず驚いたのが、試合中にテロが発生していたということだ。

試合中のスタジアムでもゲートが爆発されたようだ、ビックリだね。

試合中に大きな音がしていたのだが、あれがそうだったんだろう。「何の音だろう?」とは思ったんだけど、ね。
実況の人も何も言わなかったのでそのまま試合を見ていたんだけど、後でニュースを見て驚いたねぇ。

劇場や飲食店も7ヶ所くらいでテロがあったようだよ。死者も20人以上出ていて、100人くらいの死傷者が出たという報道もあったようだ。

代表戦を観戦していた大統領もすぐさまテロの対策のために試合場を後にしたという報道だ。

そういえばドイツ代表が宿泊していたホテルにも、爆破予告があったそうだ。怖いよね。

画像


さて、代表戦だが、ご存知だと思うが、フランスが2-0で勝利したね。

前半アディショナルタイムにフランス代表で「11番」を付けたマルシアルがゴールライン付近を突破し、マイナスのグラウンダーのパス。これにじるーが反応して先制した。

マルシアルはリューディガー、ギンターを抜き去り、ボアテングも交わしてのパス出しで、見事の一言だったよ。移籍金の高さが話題になったが、確かにそれに見合う実力はありそうだね。

驚異の19才だ。

ドイツの19才も後半途中から出場機会を得たが、豊かなスピードを披露するのとどまったね。

サネと共にピッチに入ってきたギュンドアンのパス回しのおかげでドイツもリズムを取り戻したが、得点するまではいかなかったよ。

シュート数自体も 9-7 で少なかったが、枠内シュートとなると 6-0 でフランスだった。

ミュラーのシュートは枠外と言っても、わずかに外れたくらいだし、そのうちの1本はポストに阻まれたんだったね。惜しかった。

後半終了間際に2点目を決められ2-0で終了したんだけど、今日のドイツ代表は、ゲッツェもエジルもロイスもいなかったんだから、得点力は半減だったと思うよ。

フランスも、ベンゼマとかリベリとかいなかったけどね。




フランスはテロの関係で、イングランド戦は中止のようだね。

ドイツは次はオランダ戦だけど、こちらはあるのかな?

政治と戦争とかテロとか無縁の中で、スポーツは行ってほしいけど難しいのかな?

平和な日本に生きていて良かったと思った試合でした。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック