ドルトムント選手のデータ、第2節・ライプツィヒ戦。

画像


まさか、第2節で黒星を喫するとは思いませんでしたね。スペインの方でも、昇格チームに負けてしまった王者チームがあるようですが、昨日は不吉な運勢の日だったでしょうか?

とは言え、パス成功率が83%という数字以上にパスミスが目立ち、ボールロスをしていたように思えましたし、ポゼッションの為のボール保持で、得点の匂いは感じませんでした。支配率は66%くらいだそうですが、シュート数はホームチームの10本に対し、BVB(ボルシア・ドルトムント)は8本でした。前半は、5本打ったようですが、枠内シュートはゼロだったでしょう。

画像


第02節、データ

ビュルキ
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 5.53km
【タッチ数】 48、【パス】 42、【パス成功率】 81%、【対人勝率】 0%、

ピシュチェク
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 1、【走行距離】 10.65km
【タッチ数】 53、【パス】 32、【パス成功率】 59%、【対人勝率】 52%、

ソクラティス
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 9.40km
【タッチ数】 102、【パス】 90、【パス成功率】 91%、【対人勝率】 71%、

バルトラ
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 10.47km
【タッチ数】 132、【パス】 116、【パス成功率】 84%、【対人勝率】 38%、

シュメルツァー
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 2、【走行距離】 10.33km
【タッチ数】 93、【パス】 64、【パス成功率】 81%、【対人勝率】 71%、

ローデ
【得点】 0、【シュート数】 2、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 11.08km
【タッチ数】 83、【パス】 70、【パス成功率】 86%、【対人勝率】 38%、

バイグル
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 10.44km
【タッチ数】 79、【パス】 63、【パス成功率】 89%、【対人勝率】 62%、

カストロ(71分まで)
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 1、【走行距離】 8.33km
【タッチ数】 22、【パス】 17、【パス成功率】 82%、【対人勝率】 0%、

ゲッツェ(71分まで)
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 2、【走行距離】 8.72km
【タッチ数】 38、【パス】 23、【パス成功率】 65%、【対人勝率】 62%、

シュールレ
【得点】 0、【シュート数】 4、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 1、【走行距離】 9.84km
【タッチ数】 58、【パス】 34、【パス成功率】 89%、【対人勝率】 75%、

オバメヤン(85分まで)
【得点】 0、【シュート数】 1、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 1、【走行距離】 8.10km
【タッチ数】 19、【パス】 13、【パス成功率】 77%、【対人勝率】 25%、


交代選手
デンベレ(71分から)
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 2.58km
【タッチ数】 13、【パス】 4、【パス成功率】 75%、【対人勝率】 50%、

ゲレイロ(71分から)
【得点】 0、【シュート数】 0、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 2.87km
【タッチ数】 23、【パス】 15、【パス成功率】 80%、【対人勝率】 50%、

ラモス(85分から)
【得点】 0、【シュート数】 1、【アシスト】 0、【アシスト性の有効なパス】 0、【走行距離】 0.89km
【タッチ数】 8、【パス】 4、【パス成功率】 50%、【対人勝率】  67%、

画像



前線からプレスするホームチームのサッカーの方が、得点しそうなゲーム展開でしたね。BVBはボールを取られないように回すばかりで、ホームチームがヒヤッとする場面は数えるほどでした。こうしてみると、フンメルス、ギュンドアン、ムヒタリアンの抜けた穴は大きいと言わざるを得ません。

セットプレーからのフンメルスのヘディングシュートは得点の匂いのするものでしたし、前線のムヒタリアンは何かしらゴール前でやってくれそうでした。いざとなったら、自ら仕掛ける司令塔も、普段は効果的なパスの供給源でした。コンビネーションも良かった3人がいないので、なかなかパス回しも効果的なものが少なくなりました。ロイスの欠場も大きいかもしれません。

ないものねだりをしても仕方ありませんから、このメンバーでできることを模索していくしかないかもしれませんね。

ライプツィヒのサッカーも、なかなか見どころのあるものでした。多くのブンデスリーガのチームや、特に昇格組のチームは引いて守ることが多いのですが、このチームは前線からプレスをかけ、チャンスがあれば多くのシュートを打っています。この試合でもBVBより多くのシュート数でしたし、開幕戦でも多くのシュートを放ったと記憶しています。上位に食い込んできそうな勢いです。注目してみたいチームですね。


にほんブログ村





電動自転車 電動アシスト自転車 20インチ 折りたたみ自転車 パスピエ20RR シマノ社製外装6段ギア搭載 軽量リチウムバッテリー TSマーク 折畳 電動自転車【代引き不可】
GREEN RIBBON
●●●ご確認下さい●●● 前カゴはオプションになります(別売り)。 ご注文オプションにてご選択下さい

楽天市場 by 電動自転車 電動アシスト自転車 20インチ 折りたたみ自転車 パスピエ20RR シマノ社製外装6段ギア搭載 軽量リチウムバッテリー TSマーク 折畳 電動自転車【代引き不可】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

スワロー
2016年09月11日 22:37
昨日の試合はまだ観てないのですが、やはりハイプレスでやられたんですか?このチームはなかなか運動力が落ちないんですよね!もしかしたら負けるかな?と思ってはいました。
今シーズンのbvb対策になると思いますよ。この戦い方は!
プレシーズンから観ていて今シーズン対策を練られるかな?と思ってましたがやはりそうですか。
なかなか厳しいシーズンになりそうですね!
2016年09月12日 07:17
そうですね、DFのクリアが小さく相手に渡ってしまいましたね。サイドをえぐられ、クロスから失点したのが終了間際でした。終盤でも運動量が落ちず、良く動いていましたね。若い選手が多いことも影響していると思いますし、その分、思いっきりの良い動きも多いと思いますね。BVBが負けたのは残念ですが、ライプツィヒもなかなか魅力的なサッカーをしていると、個人的には感じました。
コメントをありがとうございます。

この記事へのトラックバック