武藤に関心、ヴォルフスブルクの事情

画像


kickerの報道によりますと、ヴォルフスブルクは日本代表FW武藤に関心を持っているようですね。

ご存知の通り、武藤選手は2015年にFC東京からマインツへ渡り、ここまでリーグ戦66試合に出場して20得点10アシストをマークしています。

現在参加中の日本代表としては、これまで23試合に出場しています。ワールドカップでの活躍も期待されています。特に、私個人としては得点も期待していて、GS突破の立役者になってほしいと願っています。

今季ブンデスリーガでは開幕から10試合目までに、3得点2アシストをマークするなど上々の滑り出しをみせていたものの、第13節から負傷により残り前半戦を離脱してしまいました。

ただし後半からは開幕から2試合で3得点を記録し、第33節のドルトムント戦ではチームを残留へと導く、値千金の追加点をヘディングで決め、今季日本人最高の8得点目をマークしました。

画像


ブルーノ・ラバディア監督率いるヴォルフスブルクは、長谷部所属時の2008/09シーズンにはリーグ優勝、また2014/15シーズンにはリーグ2位、DFBポカール優勝などの好成績を残したチームです。

シーズンごとの浮き沈みが激しく、ここ2シーズンは連続で2部との入れ替え戦に出ています。つまり、16位が続いていて、入れ替え戦で辛うじて1部残留している状況です。

こんな状況ですので改善点は多いと思われますが、目立つのが得点力不足です。DFBポカール優勝時には、リーグ戦で72得点だったものが、昨季は36得点です。

リヴァプールからのレンタル移籍のオリギも不発でした。レンタル期間も今月で終わりですし、他のFW陣も目立つ選手はいない状況です。

ここで、武藤に白羽の矢が立ったようです。マインツ時代に、”M&M”コンビと呼ばれたマリも在籍しています。このコンビが、ヴォルフスブルクで再び復活するのかもしれません。

武藤本人の望みはプレミアへの移籍でしょう。

ワールドカップでの活躍を含めて、どうなるのか興味津々ですね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック