香川真司と ボルシア・ドルトムント のファンです。

アクセスカウンタ

zoom RSS シュールレ、放出?

<<   作成日時 : 2018/07/21 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


BVB BUZZによりますと、「アンドレ・シュールレは他のクラブとの交渉のため、1-0で勝利したマン・シティ戦に出場しなかった」と、述べています。

ボルシア・ドルトムントのスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク氏は、試合後、シュールレは他のクラブとの交渉のため試合に出場しなかったことを認めました。このウィンガーは、土曜日にドイツに戻り、移籍を完了するとのことです。

シュールレは、クラブ史上最高の3000万ユーロの移籍金を払い、2016年に獲得しました。彼は在籍した2年間で魔法のような時間を作り出せませんでしたし、彼のために払った金額に見合う活躍はできませんでした。

彼は昨シーズン終盤、居場所を失いました。今夏移籍すると聞いて、クラブは喜んでいるでしょう。彼は、ザハ獲得のための交換要員と報道されましたが、彼がプレミアに向かうのか、ドイツのクラブに残るのかはわかりません。

彼の放出は、ドルトムントがFWを見つけた可能性があります。FWがいない場合、彼はFWとしての第2の選択だったと思われていました。彼が去るとなると次のシーズンは、新しいFWが攻撃陣をけんいんする可能性が出てきます。

もしこの移籍が成立すると、彼は今夏にチームを去る5人目のシニア選手となります。ソクラテス、カストロ、ドゥルム、ヤルモレンコが、今夏のチーム刷新のためにチームからでていきました。


記事の内容は以上のような感じでした。BVB(ボルシア・ドルトムント)の放出候補といわれた選手たちが、段々と出ていきますね。一番の元凶のローデは、しっかり残っていますが、買い手がつかないのかもしれません。

シュールレの前に、守備的MFであるローデを何とかしてほしいものです。シュールレ以上に、役に立っていないと、個人的には感じています。

画像


以上が、試合後のSDの談話からの記事でしたが、その試合の方はBVBが勝利したようです。ICC(インターナショナルチャンピオンシップ)のマン・シティ戦は、どちらも普段あまり試合に出ていないような選手が多かったですね。

プリシッチがエリア内で倒されてもらったPKを、ゲッツェが決めて、1-0のまま試合は終了しています。アメリカで試合をしていますから、PKを蹴るのはプリシッチだと思っていましたが、ゲッツェが蹴っていました。

プリシッチに譲ってあげればいいのにと、個人的には思っています。

そのPKもほぼほぼ真ん中で、GKが飛んだ方に蹴っています。GKも触りましたが、ゴールネットを揺らすこととなりました。

コンディションもまだまだでしょうし、練習試合の意味合いが強いゲームですね。当然といえば、当然ですが・・

新しいFWが決まっているのかどうかが、心配ですね。この試合でも、イサクが先発していましたが、やはり先発定着は難しそうです。バチュアイクラスのFWは、最低でも欲しいところです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シュールレ、放出? 香川真司と ボルシア・ドルトムント のファンです。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる