香川、スペインへ?

画像


香川選手に、スペイン移籍の噂が出てきたようです。

以下、kickerが伝えた記事ですが、このように書かれていました。

ドイツのSport1では、スペインメディア『エル・デスマルケ』が報じた情報として、ボルシア・ドルトムントの香川真司を、FCセビージャがリストアップしていることを伝えた。

先日行われた今季最初の公式戦、ドイツ杯初戦でメンバー外となった香川真司に対して、記事によればセビージャはすでにコンタクトをとっている模様。セビージャ側は”オフェンスの強化をめざし”、香川自身は”ドルトムントから移籍するならばスペインへの希望を持っている”のだとという。

しかしながらこの日行われた記者会見の席にて、ルシアン・ファヴレ監督は「確かに中盤に多くの選手がいるが、我々は彼がもつクオリティをわかっている。シーズンはとても長く、タフなスケジュールも続く。どの選手だって重要だよ」とコメント。そのため同紙では、”ファヴレ監督はひとまず保持する考えだ”と伝えている。


ファブレ監督のライプツィヒ戦・前日会見では、香川選手の立場にも質問が飛んだようです。その監督のコメントを要約しますと、kickerの記事と重複しますが、次のような感じだったそうです。

「チームにはたくさんのMFがいる。選択をしなければならないので最初は難しい決断が求められることもある。彼をメンバーに選ばなかった。だが、彼のクオリティー、何をできるかについては把握している」

「非常に長いシーズンを過ごすことになる。これからはクリスマスまでほとんど週2のペースが続くことになる。だから、選手たちは全員必要となる」


なお、香川選手のポジションについて「8番(インサイドハーフ)と見るか、それとも10番(トップ下)と見るか」とも問われたファーヴル監督は「9.5番(セカンドストライカー)、10番と考える」と返答。この先、アタッカーの位置で起用する可能性を示唆したようです。

過密日程は続きますが、カップ戦も、チャンピオンズリーグの試合も、負けてしまうと大変です。カップ戦は一発勝負ですので、そこで終わりですし、ね。

チャンピオンズリーグの戦いも、早い段階で試合がなくなる可能性もあります。組み合わせや、試合結果にもよりますけど、ね。

ライプツィヒ戦の先発予想も、公式サイトに出ていましたが、それには香川の名前はありませんでした。ベンチか、ベンチ外かでも今後の動きを占えそうです。つまり、ベンチ外ならば、スペインかトルコか、はたまたフランスかわかりませんが、移籍の可能性も高まりそうですね。

先発起用はなさそうですが、ベンチに入るのかどうか、日曜日を待ちたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック