BVBドロー、第2節・ハノーファー戦

画像


日本時間3時30分から行われた、ハノーファー対BVB(ボルシア・ドルトムント)の試合はスコアレスドローのようでした。私は、録画はしてありますが、まだ観てはおりません。香川ベンチ外がわかっておりましたし、もしかしたら、移籍があるのかもしれませんので、ね。そちらの方が、気になりますよね。

BVB公式サイトでは、4-2-3-1を予想していましたが、4-3-3を採用したようです。プリシッチの代わりにヴォルフが先発起用されています。獲得したばかりのアルカセルは、ベンチ外でした。したがって、フィリップをその位置で起用していたようですね。

両チームとも、チャンスシーンも少ない、膠着したゲームだったようです。

枠にあたる惜しいシュートもあったようですが、結局得点はできなかったようですね。ハノーファー相手に、勝ち点・1しか奪えないようでは、今後、響いてくる可能性もあります。BVBとしては、誤算だったでしょう。

画像


さて、メディアでは香川とシャヒンの名前が頻繁に出ていました。そのシャヒンは、噂のトルコではなく、ブレーメンに移籍が決まったようですね。

移籍金はない、フリーでブレーメンは獲得できたようです。

シャヒンのコメントは、以下の通りです。

「クラブ首脳陣や監督との話し合いがとてもいいものだったんだ。ブレーメンは大きなクラブの1つであり、これからの飛躍を期待されている場所だよ。その一員となれることを楽しみにしている」

BVBに対しては、次のようにコメントしました。

「心の奥深くから、クラブ、そしてファンのみんなに、これまで一緒に共にしてきた時間について感謝の気持ちを伝えたい。僕の心はドルトムントに常にある。またヴァツケCEO、ツォルクSD、チームメイト、そして何よりもユルゲン・クロップ監督に、これまで常に僕を支えてくれた全ての人々の心から感謝の気持ちを伝えたい」

BVB首脳陣のコメントは、以下の通りです。

「ブレーメンへの移籍は、本人によるたっての希望だった。ヌリの生活の拠点はこれからもドルトムントだと思っているし、キャリアを終えたあとに何かしらの役職でクラブに復帰してくれることを願っている」


BVBユース出身で16歳でブンデスリーガデビューした天才は、9月5日で30歳になります。ガラスの天才とも呼ばれケガが多かったのですが、残りのキャリアはブンデスリーガで全うする気のようですね。

ブレーメンでの活躍を期待しましょう。



【公式】PUMA プーマ BVB ドルトムント SS ホーム レプリカシャツ【メンズ サッカー トップス ユニフォーム 半袖】2018年春夏
プーマ公式オンラインショップ
■サイズ[XS]胸囲:92cmゆき:42cm後ろ丈:65cmすそ周り:90cm[S]胸囲:96cmゆ


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック