ドルトムント採点評価、UCL・ブルージュ戦

画像


ESPNによる、今節の採点は、以下の通りでした。

【UCL・ブルージュ戦・採点】 10点満点

ファブレ監督      3点

ファブレが選んだ先発11人には、化学反応がありませんでした。振り出しに戻す必要があります。

GK ビュルキ     6点

ロイスがゴールラインでシュートを防いだのがこの日の最大のセーブだが、ビュルキが右コーナーから防いだシーンもよいものでした。

DF ピシュチェク   6点

良い2本のパスとは別に、彼は経験を駆使し、物事をコントロールしていました。

DF アカンジ     7点

ブルージュのFW・ Wesley にうまく対処し、きれいなディフェンスを見せました。

DF シュメルツァー 6点

ブルージュのCFW・Jelle Vossen によく注意し、守備に貢献しました。

MF バイグル    5点

負傷明け最初の試合としては、平均点。ヴィツェルの横では、彼は、快適には見えませんでした。

MF ヴィツェル   6点

ベルギー代表は、ここ数試合、ゲームをコントロールできませんでした。この試合も同様で、相手チームのプレスの中でボールを保持しようとしても、中盤の選手はポジショニングも動きも悪く、インパクトを残せませんでした。

画像


MF サンチョ    3点

守備のとき、攻撃時でのミスは結局、自分自身の評価として戻ってきます。18歳の選手にとって、このレベルでの試合で、何も良いところは残せませんでした。

MF ゲッツェ    3点

ゲッツェが10番でプレーしているのを観て、元スター選手の送別試合のように感じました。良いアイディアやテクニックはありますが、ダイナミックさに欠けます。彼は60分までプレーしましたが、交代が15分は遅かったようです。

MF ヴォルフ    4点

イングランド人のサンチョとは違って、彼は少なくとも守備では貢献しました。

FW ロイス     4点

ロイスをCFWとして起用することは、愚かなロバのようなものです。彼には裏へ抜けたりドリブルするためのスペースが必要で、あの位置では、彼は助けにはなりません。


交代選手

MF 香川      5点

わずか数分で、ゲッツェがいた60分よりもベルギー人にとって危険な存在となりました。しかし、常にベルギー人の脚(DF)があり、取り切ることはできませんでした。

MF プリシッチ   6点

この火曜日に20歳になったプリシッチは、これ以上のプレゼントは望まないことでしょう。ケガから復帰し、この日、ドルトムントでの100試合目の出場となった米国代表は、すべての幸運を引き寄せました。

MF ダフード    -

ファブレ監督のもと、勝者となった彼のパスから、得点は生まれました。その後のシュートは、枠を外れました。


画像


試合前の会見で毎回、「ゲッツェを起用しないのか?香川は、出場するのか?」と聞かれるファブレ監督の、メッセージのような起用方法でした。

つまり、ファブレ監督はメディアに対し、こう言いたいのかもしれません。

「ゲッツェを起用したし、香川も出場させた。バイグルも使ったのだから、もう文句はないだろう。これ以上、質問はしないでくれ」

香川とゲッツェをライバル視する報道が多いのですが、元々、両選手とも同じ境遇で、10番ポジションがありません。監督は、基本4-3-3で試合に臨みたいのだと思われます。

身体的に、コンタクトや競り合いに強い選手を好んでいるようで、香川もゲッツェもこのタイプではありません。なので、今回良いパフォーマンスを見せたとしても、次の保証はないのかもしれません。

とにかく、中盤の選手は多すぎますからね。BVB(ボルシア・ドルトムント)の関係者や相手チームのSDからも、ゲッツェに移籍を進めるようなコメントも出ています。

BVBは今冬、移籍する選手が出そうです。香川には、個人的にイングランドプレミアへ行ってほしいのですが、どうなるのでしょう?このままなら、ゲッツェの移籍もありそうですね。

今後の試合の結果にも、当然影響されますが、移籍情報にも目が離せませんね。



【ハム】【ソーセージ】三國清三シェフ 北海道産 手作りハム MN-33【送料無料】【産地直送】【ギフトセット・詰め合わせ】お彼岸 お供え物 ハロウィン
N43°
ギフト対応について大切な方へ贈るお祝いやプレゼントに最適なギフト対応を承ります。各商品に付いているア


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック