10番の苦境の答えは、香川。

画像


BVB BUZZでは、「10番の苦境の答えが、香川」という記事の載っていました。

マリオ・ゲッツェは、彼の希望である先発スタートのチャンスを与えられましたが、彼をこのチャンスを生かせませんでした。ゲッツェはゲームに入り込めていないように見えましたし、10番の役割に必要なダイナミズムにかけていました。彼はパスミスを犯し、いくつかのシーンではボールを失い、本来の姿と比較して、彼の影を観ているような気分になりました。

プレミアリーグのトワイライト(終盤)での、ウェイン・ルーニーのパフォーマンスを見ているような気分になりました。彼は26歳で、この挫折から復帰するのに十分な時間があります。しかし、彼はドルトムントの10番の解決策ではありません。

その答えは、香川真司です。ドルトムントは移籍市場の終盤、香川を売却する準備はできていましたが、移籍は成立しませんでした。これはファブレにとって、喜ばしいことではなかったでしょう。

香川はブルージュ戦でチームに復帰し、1時間を経過しところ、ゲッツェに代わって試合に出場しました。彼は入ってすぐに、ドルトムントの攻撃陣を活性化し、相手の脅威となりました。日本代表はいくつかの良いパスを出しましたが、特にルーカス・ピシュチェクへパスは得点に結びついても不思議ではないものでした。

香川真司は、ドルトムントの最高のゲームメーカです。シーズン初め、彼がファブレの構想外だったことは本当に驚きです。彼はブルージュ戦で彼の本質を見せましたので、10番の役割が彼に与えられることは、大いに期待できます。


ブルージュ戦の前も、後も、BVB(ボルシア・ドルトムント)の公式ツイッターには、香川待望論のようなコメント多く見られていたようです。

このファンサイトも、同じ意見のようですが、監督の思惑はどうでしょう?

昨日も書きましたが、そもそも監督は10番ポジションを使いたいわけではなさそうです。メディアがうるさいし、首脳陣の圧力もあって、ゲッツェを起用するために採用した可能性が高そうです。

首脳陣の圧力が薄れた場合は、基本的には4-3-3、フランクフルト戦の終盤うまく機能した4-4-2をオプションで採用しそうな気がします。

香川も、そのどこかのポジションを奪うつもりで練習した方が、良いような気もします。また、プレミアリーグ移籍を想定し、体幹や走力を挙げる練習も良いかもしれません。

個人的な意見ではありますが、そんな気もします。

とりあえず、週末のラインナップを見てみたいですね。BVBは、土曜日にホッフェンハイム戦が控えています。その先発メンバーとシステムは、大変気になりますね。どうなるのでしょうか?



FOOTJOY フットジョイ FJ PRO/SL #56845ブラックプロ/エス・エル【2016年10月発売】【smtb-k】【kb】
スピンラインゴルフ
プロのスイングを足元から支えるスパイクレスシューズ。 ソフト防水人工皮革 軽量で足になじみやすく、優


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック