グロクロ、リヴァプールにゲッツェ

画像


GOALでは、以下のような記事が出ておりました。

リヴァプールにうってつけのゲッツェ--グロスクロイツはドルトムントスターの新たな戦いのために、クロップとの再会を勧めた

ワールドカップの優勝者は、再契約して古巣に戻って以来、難しい日々を過ごしています。彼のためには、戦いの場をアンフィールドに換えることを考えた方が良いと、言われています。

マリオ・ゲッツェはチームに復帰するのに苦労していますが、元チームメートのケビン・グロスクロイツによれば、このMFはリヴァプールにしっかりフィットするだろうと述べています。

2014年のワールドカップ優勝者は、バイエルンで3年過ごした後、彼のルーツのウェストファーレンスタディオンに戻ってきました。

慣れ親しんだ雰囲気の中に戻ってくれば、26歳の選手は大きなことを成し遂げると期待されましたが、復帰はなにか厄介なことになっています。」


画像


香川の兄貴分として有名で、彼が最初にBVB(ボルシア・ドルトムント)の地に降り立って以来、香川の面倒を見てきたグロクロは、メディアにこのようなことを述べたようです。

今現在も、香川と彼は頻繁に連絡を取り合っているようです。

私個人としては、香川にリヴァプールに移籍してほしいと願っていますので、これは困りますね。クロップは、同じタイプの選手は一人で良いでしょうし、ゲッツェよりは香川の方が、少なくとも今はレベルが上でしょう。

香川を移籍させた方が、クロップのためでもあります。

コウチーニョ、エムレ・ジャンなどの選手がいなくなりましたので、彼らの代わりに香川を起用してほしいところです。期待を持って、毎週リヴァプール戦を観ておるところです。まぁ、アーセナルでも良いのですが、監督との信頼関係は、アンフィールドの方が良さそうですからね。

第4節で香川が先発したことを考えるに、ゲッツェの方が、今現在は苦境に陥っているのは間違いなさそうです。しかし、二人とも基本的には同じ状況で、ファブレの信頼を勝ち取っているわけではありません。いつベンチ外になっても、おかしくはありませんからね。

冬に、試合にたくさん出場できそうなチームへ行ってほしいと願っています。今夏には、間違いなく売却されそうでしたし、香川の契約期間を考えると、遅くとも来夏には、移籍させられそうですからね。2020年6月までの契約ですから、2019年夏は、一番の売り頃です。

それまでに、香川にとってベストなチームを模索しておいてほしいと思っています。本人の希望としてスペインがあるのかもしれませんが、やはり、プレミアがベストな選択だと、個人的には思います。イングランド復帰を期待したいと、思っています。



お買い物マラソン 送料無料 あす楽 2000円 ポッキリ 訳あり 生チョコレート お試し ギフト スイーツ アウトレット 限定 詰め合わせ sale セール プチ お菓子 ハロウィン
生チョコ専門店 チョコレートバーR
気になるけど!今すぐ決められない方へ↓ 製品仕様 商品名 送料無料2,000円ポッキリ訳あり生チョコ


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック