今週のブンデスリーガ日本人選手のスタッツ

画像


世界5大リーグで活躍する日本代表選手たちは、シーズン開幕から苦戦している選手が多いようですね。

プレミアでは、岡崎、吉田がなかなか出場機会が得られていませんし、武藤は試合終盤での途中出場が多いようです。私も、DAZNで観ていますが、特に武藤に関しては残念でなりません。

ブンデスリーガでも同様で、香川も第4節で初先発を勝ち取りましたが、それまではベンチ外という状況でした。長谷部も同様で、コバチ監督がバイエルンに去って以来、リーグ戦で出場がありませんでした。香川と同様、ヨーロッパの戦いで出場し、好パフォーマンスから、前節の出場となりました。

長谷部に関しては、kickerのベストイレブンに選ばれています。流石というべきですね。

画像


ブンデスリーガ所属の日本人選手の、kickerによる採点とスタッツは以下の通りでした。

長谷部誠(vsライプツィヒ)

【フル出場:kicker採点2.0、★ベスト11】
(シュート総数0、アシスト性のパス0、総走行距離10.07km、タッチ総数68、対人戦勝率80%、パス総数55、パス成功数38、パス失敗数17、パス成功率69、ファウル数0、被ファウル数0、オフサイド0)

香川真司(vsホッフェンハイム)

【〜70分、kicker採点4.0
(シュート総数2、アシスト性のパス0、総走行距離9.28km、タッチ総数51、対人戦勝率0%、パス総数44、パス成功数38、パス失敗数6、パス成功率86%、ファウル数1、被ファウル数0、オフサイド0)

久保裕也(vsハノーファー)

【フル出場、kicker採点4.0
(シュート総数1、アシスト性のパス0、総走行距離11.83km、タッチ総数33、対人戦勝率45%、パス総数19、パス成功数17、パス失敗数2、パス成功率89%、ファウル数2、被ファウル数0、オフサイド0)

原口元気(vsニュルンベルク)
【〜45分、kicker採点5.0
(シュート総数0、アシスト性のパス1、総走行距離5.36km、タッチ総数20、対人戦勝率33%、パス総数12、パス成功数12、パス失敗数0、パス成功率100%、ファウル数1、被ファウル数2、オフサイド0)

浅野拓磨(vsニュルンベルク)
【ベンチ入り】

宇佐美貴史(vsデュッセルドルフ)
【ベンチ入り】

大迫勇也(vsアウグスブルク)
【 病気のため欠場】

ドイツの採点は、「1」が最高点、「6」が最低点の、0.5ポイント刻みの11段階評価です。「3」がほぼ平均点、「4」ですと、やや評価を落とす点数ですね。長谷部の「2」は、10点満点ですと8点くらいの高評価です。

香川、久保の「4」は、やや悪い評価ですね。二人とも攻撃の選手ですので、得点、アシストなどの数字で結果を残さないと、好評価を得るのは難しいことが多いですね。原口は、前半のうちにチームが10人で戦う羽目になりましたから、不運なところもありますね。前半だけの出場でした。

出場機会がなかった選手は練習から頑張って、アピールしたいところです。大迫は、今節は出場できそうですね。こちらも、活躍してほしいところです。

今日火曜日は、大迫所属のブレーメンはヘルタと、原口、浅野所属のハノーファーはホッフェンハイムとの試合が組まれています。日本人選手の活躍を期待しましょう。



ドイツサッカーを観に行こう! ブンデスリーガ×ドイツ語 [ 瀬田元吾 ]
楽天ブックス
ブンデスリーガ×ドイツ語 瀬田元吾 三修社ドイツ サッカー オ ミニイコウ セタ,ゲンゴ 発行年月:


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック