11選手が代表へ

画像


さて、2週間の代表ウィークが始まりました。負傷選手や、ハードな日程をこなした選手には良い休養ですね。

BVB(ボルシア・ドルトムント)からは、12選手が代表チームに向かう予定でした。

マヌエル・アカンジ、ロマン・ビュルキ(スイス代表)

パコ・アルカセル(スペイン代表)

ヤコブ・ブルーン・ラーセン(U-21デンマーク代表)

アブドゥ・ディアロ(U-21フランス代表)

トーマス・ディレイニー(デンマーク代表)

セルジオ・ゴメス(U-19スペイン代表)

アシュラフ・ハキミ(モロッコ代表)

アレクサンデル・イサク(U-21スウェーデン代表)

ジェイドン・サンチョ(イングランド代表)

アクセル・ビツェル(ベルギー代表)

ダン=アクセル・ザガドゥ(U-20フランス代表)

スイスサッカー連盟とボルシア・ドルトムントから、ロマン・ビュルキが負傷のために離脱することが発表されました。負傷とのことで、月曜夕方に鼠蹊部に痛みを抱えたようです。

数日間の休養を取るとのことで、負傷の度合いとしては軽症だと思われますね。

画像


これより先に、マルコ・ロイスが、ひざの問題により、オランダおよびフランスとの国際試合に向けたドイツ代表メンバーから離脱することが発表されていました。

7日午前中に行われたMRI検査の結果を受け、BVBのクラブドクターがドイツ代表の医療チームに連絡したようです。治療に当たると、公式サイトに出ておりましたが、別なニュースでは、ハード日程による疲れのような感じだそうです。

休養して、また元気な姿を見せてほしいところです。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック