テーマ:香川真司選手

ユルゲン・クロップはどこへ行く?

ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)は、ルシアン・ファブレ氏が20日に辞任を発表したことで、今季のブンデスリーガの最初の監督交代を強いられることになった。 MGのOBは、クロップを監督に招聘したいようだ。 チームが力を失ったわけではなく、それを再び発揮させることができる指揮官が必要だと感じているようだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5節 ボルシア・ドルトムント 対 レバークーゼン戦 リーグ戦5連勝

もうすでに、ライブでご覧になったり、ニュースでご存知だろう。 3-1で、ボルシア・ドルトムントはレバークーゼンを破り、リーグ5連勝を記録した。 19分に香川選手のアシストからホフマンが決め先制点。 58分には、ホフマンが見事なフェイントでDFをかわし、ギュンドアン、ムヒタリアンを経由して、香川選手のコロコロシュートで追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年、格段のパフォーマンスを見せるボルシア・ドルトムントの選手、ベスト3

公式戦、9連勝だ。 リーグ戦は、4連勝。 今年のボルシア・ドルトムントは絶好調だ。全員が好調なのだが、ほとんど昨シーズンとメンバーが変わっていないのだ。 何故、こんなに違うのだろう? 専門的なことは専門家に任せて、個人的に調子の良い選手「ベスト3」を考えてみた。 ①、ユリアン・バイグル選手  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表の布陣 清武選手を遠藤保仁選手の後任に トップ下は香川選手。 

12日の、「ハノーファー96 対 ボルシア・ドルトムント」の試合は、ある意味セレッソのエース対決であった。 香川選手がボルシア・ドルトムントへ移籍した後のエースが清武選手で、どちらもトップ下でその能力を発揮するタイプだ。 香川選手のほうが、実績を見る限り評価されてしかるべきだ。 ただ、この試合に限れば、清武選手のほうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4節 ボルシア・ドルトムント選手の評価 リーグ戦4連勝

ボルシア・ドルトムントはハノーファー戦を終えて、リーグ戦4連勝、公式戦9連勝を達成した。 香川選手は90分でベンダーと交代したのだが、トゥルム監督から左足で軽く蹴られていましたね(笑) 「よくやった」という蹴りだったそうだが、監督の信頼を得ていることが見て取れました。 クロップの愛弟子という存在だが、トゥルムとの絆も強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more